なぜ?ポジティブ感情がいいの?

空をバックに笑顔の女性

これまで、ポジティブ感情についてご紹介していますが、

そもそもなぜ?ポジティブ感情がいいのか?を書きたいと思います。

 

ポジティブ感情=ポジティビティは、

・うれしい

・ありがとう

・安らぎ

・ワクワク

・希望、期待

・誇り

・楽しい、笑い

・愛、大好き

 

などなど、「イイ気分」「心地よい感情」のことです。

ポジティブな感情はどんな時に生まれますか?

・遊んでいるとき

・笑っている時

・美しいものを見た時

 

など、心地よい感情が心の扉を開けてくれているのです。

 

心の扉を上げている時は、前向きで、体が自由に動いて、エネルギーを感じているので、

新しい発想が芽生えたり、なにかにチャレンジしたり、ポジティブスパイラルに乗って、

自分の世界が変化することに繋がっていきます。

 

そして、「ネガティブ感情が減少する」ことがわかります。

 

ネガティブ感情=ネガティビティは、

「どうぜ・・出来ない」

「だって・・」

など、思考の範囲を狭くしてしまいますし、克服するために悩みだすと、

ネガティブスパイラルに陥って、却って問題を悪化させるこになったりします。

 

では、ネガティブな感情は絶対に持ってはダメ?

いつでも、前向きにポジティブシンキング~!がいいのか?といえば、そうではありません。

 

ネガティブ感情は、危険を察知し、判断を左右するので、必要な感情でもあるのです。

 

ちょうどいいバランスが、3:1(ポジティブ:ネガティブ) だと、心理学者のバーバラ・フレドリクソンは言っています。

今のあなたの感情バランスはどのくらいですか?

 

ネガティブ感情が多く感じているなぁ~と思ったとしても、それはごく普通のことなんです。

だって、ネガティブ感情はポジティブ感情より意識されやすく、

ネガティブエネルギーはすぐに体に影響を及ぼすので、感じやすいんです。

 

人間が感じる感情には一定の容量があるようで、

ポジティビティが増えるとネガティビティが減っていきます。

つまり、良い気分は嫌な気分を溶かし、悩んでたことが、どーでも良くなったりするのです。

 

ポジティブ感情が悩みを解決する!言っても良いくらいのたくさんの可能性があります。

そして、誰でもポジティビティを持っているのです。

ポジティブ感情はコツがわかってくると増えていきます。

そして、自分が変わっていくこと、周りが変わっていくのを感じる事ができますよ!

 

ポジティブ感情を増やし、ネガティブ感情を減らす方法は、

引き続きブログでお伝えしていきたいと思っています。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました♪