価値観をオープンにする。

人にはそれぞれ"価値観”または”信念”があると思います。

 

小さい頃から受けてきた教育だったり、会社に入ってからの風土だったり、周りの環境から影響を受けて育まれてきたものが多く占めていることが多いですね。

 

でも、自分の人生の中で重要な価値観がどれだけあるでしょうか?

 

これだけは譲れない。

私自身を形成するもの。

 

それは本当にあなた自身なのでしょうか?

もし、心地よく生きていきたいのであれば、今一度立ち止まって見直す必要があるかもしれません。

 

なぜなら、それは”思い込み”であったり、他者を受け入れられない要因であったりするかもれしれないからです。

 

一つの事柄に対して、受ける印象は人それぞれ違います。

一緒に共有できるものもあれば、抵抗してしまうこともあるかもしれません。

 

より広い視点で価値観を広めていくには、いろいろな場面に身を置いて、自分の感情に素直に向き合うことなのかもしれません。

 

「私は今、こう感じている」と客観的に自分の感情に気づくこと。

そして、受け入れられるものも、そうでないものも、「そういうものなんだ」と受け入れる事。

 

そこに、「それは違うでしょ?」「わかってくれると思ったのに・・」という期待感を抱けば抱くほど、他者との摩擦を感じてしまうのです。

 

人に期待をしないほうがいい。と言っているのではありません。

 

私は私。あなたはあなた。あの人はあの人。と違うことを前提するのです。

ある意味、分かりあえることなんて稀なのかもしれないですね。

 

でもそれこそ、コミュニケーションの醍醐味なのではないでしょうか?

 

人に意見に左右されることなく、また自分ばかりを主張するでもなく、

その中間で、お互いを尊重し、協調し合える関係を探していくことがコミュニケーションなのだと思います。

 

そんなことを繰り返しながら、自分にとって「心地良い、オープンな価値観」が形成されていったら、息苦しくなく自由を感じる事ができるのではないでしょうか?

 

そして、私なりの価値観=信念はまた新しい可能性を生んでくれるのです。

価値観の引きこもりを止めて、外にでてみませんか?

 

最後までお読み頂きありがとうございました。