お客様の感想 (Client's VOICE)


自分の人生に対して、心のありかたが主体的になりました。

ー コーチングを受けようと思った理由はなんですか?

 

仕事に行き詰まって、さらに負荷も高くなってきて、「なかなかうまくいかない」そういう時期でしたので、何か助けというか解決したいと思っていたのがきっかけですね。

 

ー 実際、コーチをつけてどうでしたか?

 

自分一人で考えたり、本を読んでも、なかなか気づくことができないことが、コーチから問いかけてもらったり継続して自分の状態を見てもらって、

真剣に向き合い、観察して、伴奏してくれる人がいることは、

いまから振り返ると、コーチングを終わった今の自分のこの気づいていることには辿り着けなかったと思うんです。

自分一人ではここまで達成出来なかったことですね。

 

ー どう変化しましたか?

 

頭で、思考で解決しようという状態が続いていて、そうするとそのサイクルから抜け出せなかったんですね。

でも、今は自分の在り方、身体性から自分の在り方に意識できるようになったので、

本来の自分の生き方ができる、その入り口に立てたということですね。

 

ー それはあなたにとってどんな成果でしたか?

 

ギフトをもらったというか、物理的には同じなんだけれど、見えてなかった世界が見えているんですね。 それは、人との接し方が根本的に変わる。

 

本質的に自分自身の在り方を受け入れて、それを通じて周りの世界との接し方が変わる。

より調和が取れる。そんな自分がいますね。

 

ー それはあなた自身にどんな影響がありましたか?

 

優しくなれる(笑)それと、受動的ではなく「自分がまず許し、受け入れる。」そこからスタートできる。

 

そういった意味で自分の人生に対して、心のありかたが主体的になったなぁというところですね。

 

ー 小澤コーチを選んだ理由は?

 

マインドフルネスのワークショップに参加したんです。
そのやり方が「教える」のではなく、身体的な気づきをとても促してくれる、自分から気づくのをサポートするやり方だったので、コーチングも伴奏してくれるような感じなんだろうなという印象を受けました。それでコーチングをお願いしました。

 

ー 実際、小澤コーチはどんな人でしたか?

 

問いがパワフルで、本気で向き合って頂き、愛に溢れている方だと思います。

 

***

 

6ヶ月間、おつかれさまでした。
これからもあなたらしく、過ごしてくださいね。

ありがとうございました。

☆平田 潤 様  35歳 ベンチャー企業勤務


「毎回、頭がスッキリして、気づきがありました。」

 

ー コーチングを受けようと思った理由は何ですか?

 

仕事が忙しくなってくると精神的に誰かに相談したい時があります。

でも、役職上なかなかそういう人がいそうでいないんですよね。

「経営者は孤独」ってよく言われますが、本当にその通りで、話をちゃんと聞いてもらいながらも、質問をされることで気づきが得られるのはとてもいいんじゃないかと思うんです。

 

ー コーチングはどんな人が受けるといいと思いますか?

 

誰でも受けたほうがいいと思います。ビジネスマンでも学生でも主婦でも。

経営者は考えることが多いから、頭の中の交通整理をするにとてもいいです。

いい質問が来た時には自分が今まで思ってもみなかった答えが自分の口から出たりすると、それが気づきになり、自分一人では絶対出てこない考えや答えを発見することがあってそれが思いがけなく次のビジネスのヒントになったりしますね。

 

 

ー 会社の経営者がコーチングを受けるということはどんな影響がありましたか?

 

社員に優しくなりますね(笑)仕事がいっぱいいっぱいで興奮状態な時にコーチングを受けると冷静さを取り戻したり、別の角度からみれたりする。

業績が上がらないと自分にも社員にもムチを打ってるみたいな時にだいぶイライラしていたんですけど、それも違うなと気づいたりしました。

 

ー どんな接し方になりますか?

 

一歩引いてみたりとか、相手の立場になったり、過去のあの時の自分と置き換えてみたり、そうすると一方的にではなく接することなどですね。

 

経営者がコーチングを受けたからといって、即業績が上がるとかそういうものではないけれど、自分自身を見つめ直すとか別の方向から光を当ててもらうものなんでしょうね。

自分の人間性が成長するそのためのものだと思うんです。

 

この一年、なんとか乗り越えられたのはコーチングのおかげですね。

精神が安定して保たれたと思う。

 

ー 小澤コーチを選んだ理由はなんですか?

 

年代が一緒で話しやすかった。結構真面目ですよね?

コーチとしてクライアントをサポートしたいっていうマインドを感じる。本当にコーチングを天職としているんだなぁって、そういうところが信用できるというか、安心できるというか、ある程度オープンにさらけ出して話すのに安心できたし、変な人じゃないですよね(笑)安全でちゃんとしてます。

 

ー 実際は小澤コーチはどんな人でしたか?

 

OLとかサラリーマンには向かない人ですね(笑)

人のために何かしてサポートして、その人の成長が自分の喜びになっている。

そういう人かなぁ?と思います。

急に旅に出ちゃったりしてそういうとこ普通の人は出来ないけど、なんかいいじゃないですか?そういうのを含めてコーチングのセッションに影響してクライアントのマインドにも変化を与えていたり、面白い人だと思います。

 

ありがとうございました。

福岡在住・50代男性

株式会社ピソコモド

代表取締役・社長 千住雄一


「自分の思っていることに自信がもてるようになりました。」

 

 ー コーチングを受ける前はどんな状態でしたか?

 

自分のやりたいことや表現したいことが見えていませんでした。

迷ってたし、どうしていいかわからなかったのです。

 

でも、6ヶ月を超える期間コーチングを受けたことで、

自分の考えていること、表現したいことが見えていることに変化を起きています。

 

特に思うのは、自分の思っていることに自信が持てるようになったことですね。

 

「私はこれでいいのだ!」と認められるようになりました。

 

 ー コーチングはどんな人が受けるといいと思いますか?

 

一人で考えても状況が変わらない方には絶対おすすめしたいです。

自分だけで対話するのではなく、コーチと対話することで見えてくるものがあると思います。

 

 ー 小澤コーチを選んだ理由は?

 

ブログを読んで、すごく優しくて愛が溢れているのを感じた。

「愛に溢れた人」だと感じました。

 

 ー 実際はどんな人でしたか?

 

すごく真摯に向き合ってくださいました。

特に話す内容がなくても、なんとなしの会話から私の課題を見つけ出してくれたことがあって、それは意外でした。

 

問題を解決するためや、悩みを話すことがセッションだと思ってたけど、なんにもなくても課題があること、そこから作り上げていくものだと気づいて衝撃的だった。

 

 ー 今後はどう過ごしていきますか?

 

今、自分の軸が立ったことで、これから、自信をもって自分を表現し、

磨いていきたいと思います。


☆戸張由布子様 37歳 サロン経営
ブログ記事→ http://ameblo.jp/burudog-baby/entry-12250777419.html

 


「袋小路に入っていたけれど、抜けられました。」

ー コーチングを受ける前はどんな状態でしたか?


人間関係がうまくいかず、どうしたらいいか辛かったです。
袋小路のような、同じところをグルグルしてました。

 

ー コーチングを始めてからはどうでしたか?

 

頑張って上手に人と付き合おうと一所懸命過ぎた自分に気がつきました。

「そうじゃないんだ。」「スルーしてもいいんだ、それでもいいんだ。」って。
自分の考えは一つしかなかったけど、コーチングを受けているうちに「抜けた」感じです。

楽になりました。

 

ー どんな人がコーチングを受けたらいいと思いますか?

 

身動きが取れない人。

それしか考えられないような逃げ道が無いと思ってもコーチングを受けると、

客観的に自分を見られてとても楽になると思います。

 

 ー 小澤コーチはどんな人ですか?

 

明るくて、親身になってくれます。
ただ聞いてくれるだけじゃなく、たぶん言いにくいだろうなぁと思うことも、

率直に伝えてくれるのがすごく良くて、いろいろ気づかせてもらっています。  

 

 ー 今はどんな感じですか?

 

「私、成長できているな。」って、「これでいいんだなぁ」という実感があって嬉しいです。

 

☆A.F.様 女性 40歳 会社員


「前へ!前へ!引っ張り出してくれます!」

 

ー コーチングを受ける前はどんな状態でしたか?

自分の気持ちを表現できず、
頭でグルグルと考えてばかりで悶々としていました。

 

ー 実際、受けてみてどうでしたか?


私が感じていることを、気持ちを素直に言葉に出すことで、
自分の気持ちがまとまる以上に、私が気がつかなかったことを
小澤さんに引っ張り出してもらえる感じです。

そこに、既に私自身が気づいていたことを合わせると、
ストンッ!と落ちる感じがあるので、

 

⇒探しいたものが見つかる
⇒スッキリする、
⇒次のステップへ行く感じがあります。


そして、次の課題出来ると、自然とそこへ意識が向くので、
自分の方向性がしっかりわかってきます。

コーチングというセッションの場だからこそ、自分の気持ちを素直に伝える意識が、
強くなるし”素の自分”でいられる気がします。


ー どんな人がコーチングを受けてみたらいいと思いますか?

 

「このままの自分じゃ嫌だなぁ」とか、
「家族や友達との関係がこのままではいけない」とか、

このままだと、今のままかな?と、自分に不満を持っている人や、
自分が変わることで、状況は変えられるんじゃないか?って思えるような、


・良い方へ未来を持っていきたい人、
・自分が変わることを受け入れられる人

に合ってると思います。

 

ー 小澤コーチはどんな人ですか?


小澤さんのコーチングは、私を前へ前へ向かせてくれます。
私の中から、引っ張り出して「こうありたい!」という方向へ前へ繋げてくれる。

背中を押してくれるんだけど、バーンと押すより
「こっちの方向じゃない?」と、未来へ向かう気持ちを方向づけてくれます。


小澤さんのところへ通って3年になりますが、
セッションのたびに、
「今日は何が出てくるのかな~?」って
自分の中から出てくるものが、楽しみでワクワクします!

 

ー ありがとうございました。

 

 ☆千葉県印西市 雅美様


「私もまさかと・・・という感じでした。」

ここ数年、一日も休まずにいろんなメソッドやワークを行ってきたことが

どれだけ自分を苦しめていたのかを改めて痛感しました。


他人には優しくできるのに自分にはなかなか

優しくできないことが悩みでしたが、

コーチングセラピーのセッションを受けたことで、

 

今後どのような感じで自分に寄り添えばいいのかが

感覚的にわかりました。


これからは、


不安な感覚や恐れの感覚が出てきても

頭で考えずに、

その感覚に寄り添うという形で

自分と仲良くなっていきたいと思います^^


セッションのおかげだと思うのですが


つい先ほど、

溜めこまれていた悲しみ(涙)が

大量に浮上する出来事が起きました。?


久し振りに大泣きしてスッキリしました。

言葉では表し切れないのですが

生きていく上で、とても大事なことを教えていただいた気がしています。


どうもありがとうございます。

☆神奈川県鎌倉市 S子様


「コーチの衝撃的な一言!」

セッションの内容は、私の中の達成感についてでした。


私は、自分がコミットしている内容、

つまり完全に納得した内容については、やり切る力を持っているのですが、


それを達成した後に燃え尽きてしまうというか、

気力が持たない状態になってしまうのが悩みでした。


コーチングでは、それを引き出してくれました。


一見、プラスの話をしているのに、

息苦しさ、残念感を持っている

自分に気づかせてくれたからです。


特に私は数字にこだわってしまいます。


目標の数値に向かって、

そこまでやりきれば、何かなるんだ!みたいな。


本来は、そんなかっちりとした人間ではないのですが、

自分のやりたいこととなるとやってしまうのです。


「それ自体が悪いことではない」とコーチは言ってくれました。


目標を持って達成できる事自体は自分を褒めてあげたい。

ただ、その後の自分が残念な形になってしまうのは、

よくないということです。


そして、

 

”コーチの衝撃的な一言”


「じゃあ、数字を私に預けてみない?」


意外な言葉にびっくり!

捨てるでもなく、消すでもなく、

 

「預ける」


私の中で、勝手に持っていた

”手放したらもったいない感”を見事についてくれました。


じゃあ、預けたあとでどうするのか?

そんな話をしていく中で、イメージが湧いてきました。


どんどん、景色がよくなってきます。

気分が晴れてきて喜びを感じていきます。


そうなのです。


自分にリミットをかけてしまうと、

そこで止まってしまうことに気づいたのです。


そしてイメージによって、

景色の見え方が楽しくなるほうを選んでいる自分に気がつきました。


そんな風に、いろんなプロジェクトを進めていきたい。

そんな気持ちになりました。

☆東京都 T.O様


「フォーカシングの凄い!体験!!」

私凄い体験しました・・・・・・

 

ある日、セッションで「フォーカシング」を受けました。
そして、びっくりした!

 

フォカーシングって自分の体と対話していくセッションなんだけど

私にいつも来てたメッセージが身体との対話だったのだ

でも意味が分からずどうやってするかも分からないできたけど

 

やっと巡りあえたよー

 

小澤さんの誘導で体を感じていくんだけど

私は感じられるかなーって思ってたけど

 

凄い体験をして、凄い癒しが起きました

 

私の右膝・・・・・・・そこに意識を合わせた時

 

何か思いがあるなって分かったんだけど

口を堅く瞑って力が入っていたんだー

そして怒ってるようにも感じた

そしてその思いが何故か父への思いと感じた

 

もう一度誘導で感じてたら

急に内側から思いが溢れ出てきて泣いた

私・・右膝を疎外してた・嫌ってた・無視してた

父に対する思いとダブってた

 

それがとてもとても悲しくて涙が溢れた

本当に抱きしめて謝りたかった

心の底から謝りたかった。。。謝った

 

凄く膝が愛おしくて愛おしくて・・初めて感じた思いだった

 

その時

 

ふっと「治る!!」って声が聞こえたような・・・思いがしたような・・

 

感覚に陥った

何故か治るビックリマークって確信を得た

私は今まで右膝の気持ちなんて解ろうともしなかったし

身体の一部で、あえて意識なんてした事もなかったな

 

でも体のどの部分にも思いがあって気持ちがあるってわかった

それに気づいて膝を意識したら

 

安堵感と疲れですやすや眠ってる赤ちゃんのようだった

 

本当にすべて大切な大切な私という個と一体。

セラピストを目指して何か違うと感じて手放したら新しい何かが入ってきた

右膝が凄く軽いし、締め付け感が無くなってるよ

 

改めて

 

小澤さんありがとうございました。

 

身体との対話・・・・・凄い~~~~

 

自分自身が感覚で感じて

本当に内側から溢れ出てくる気持ちで

癒しが起きるドキドキ

 

これって自分だけでは中々出来ないな

誘導があって初めて出来るって感じ。

☆岐阜県 こずぴ様